天然パーマでハゲだった私のクラス会で見違えられる育毛法

髪が増えててわからなかった

天然パーマでハゲだった私が・・・
数年前に出かけたクラス会で、みんなに「誰?」と聞かれ「○○だしぃ~」と答えると
「え?え~~!髪が増えててわからなかった!」と言われました。

実は、私は、高校3年ぐらいからでしょうか、髪の毛が薄くなっているのに気が付いて、
大学の2年ぐらいから年齢不相応なぐらい頭部の地肌が見え隠れしはじめました。

当時の友達は、気を使ってか、そのことには触れずにいてくれましたが、
天然パーマのハゲでは、ハゲ散らかし感が満載だったのは間違いありません。

当然のことながら、恥ずかしくて女子学生に話しかけることもできませんし、
同性にも話かけるのをためらいがちで友達もほとんどできずに引きこもりがちな学生生活でした。

このままでは、人生真っ暗だと思い、ネットで育毛対策を探した結果、ずばらしい対策を見つけることができ、
天然パーマはハゲやすいのかもしれませんが、おかげで、私は、そこから完全復活を遂げました(笑)

おかげで、クラス会で誰なのかわからなくなるぐらいになって毎日を楽しむことができています。

ネットで天然パーマのハゲを調べてみた。

天然パーマもストレートな髪でもハゲる原因は、同じということがわかりました。


どうしたら、育毛できるかといえば、頭皮の環境を整える。
つまり、頭皮の保湿は重要で乾燥していると毛穴がふさがり、生えるはずの毛も生えなくなる。
同様に頭皮が清潔でないと毛穴がふさがるということで、髪の毛穴はとてもデリケートだということです。


そして、発毛。発毛の力が弱っていれば、当然のことながら、髪は薄くなっていくわけですね。
では、発毛の力を強めるには? 実は、驚くことなかれです。 女性ホルモンなのです。


女性にハゲが少ないのは、そういうことです。
加齢によって女性ホルモンが減少した方の頭が薄くなるのはうなずけますよね?


それらを考慮したのが育毛剤になります。
ただ、育毛剤は、女性ホルモンそのものを使うわけにはいかないので、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンなどを配合していたりします。


さらに、育毛剤も様々ありますが、女性ホルモン以外での発毛力アップのものがあったり完全な偽物があったりと、結構選ぶのは難しいです。


さらに、発毛力を持続し続けなければいけないわけですから、使い続ける必要もでてきます。
病院治療も同じです。保険適用外治療を延々と続けることになります。


それを考えるとやはり、育毛剤で対応するしかないですよね?


ちなみに病院治療でよく使われるのが、ミノキシジルといった成分の入った薬です。
ミノキシジルは、もともとは、高血圧用の薬ですが、血圧を上げるとだけでなく、発毛にも効果があることが発見されて、育毛治療用に改良されたものです。

でも、もともとが高血圧治療薬のため、血圧に不安のある方には不向き。
ミノキシジルを配合した市販の育毛剤もありますが、きっちりと注意書きがあるので注意してください。
医者に相談してから、みたいなことを書いてあるものもあります。


女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを含んだものにキャピキシルという成分があります。
このキャピキシルは、医療で使われているミノキシジルとは違い、アミノ酸とアカツメクサの抽出物を混合したもので、ミノキシジルのような血圧がらみの副作用はありません。

しかも、キャピキシルの開発元調べですが、キャピキシルは、ミノキシジルの3倍の効果があるという報告があります。
3倍でも何倍でも構いませんが、とにかく安全で効果が期待できるということに括目!(笑)


これを試してみようと思い、キャピキシル配合の育毛剤をいくつか試しました。

産毛を実感した時から自信が湧いてきた

いくつか育毛剤を試した結果、私に一番あっていたのが今使っている育毛剤です。
それまでは、人と目を合わせたり、人の視線が私の頭の方に向かないかとか、おどおどした感じだったと思います。
そのせいで、女の子は、もとより、男の友達も少なかった私でした。


ところが、今の育毛剤を使い始めて、産毛が実感できて、少しづつ自信?が出てきました。
目を見て人と話すことができるようになりましたし、頭の話題にびくびくもしなくなりました。
いずれ薄毛ではなくなるという自信ですね(^^


クラス会で見違えられたのも今後の自慢になりそうです。


>>私に自信を持たせてくれた、キャピキシル配合の育毛剤